ダイビングの情報が満載!

ダイビングを始めてみよう!
「海外 ダイビング」
に関連するツイート
Twitter

KDPは大学公認のスキューバダイビングサークルです⭐️ 普段は土日に伊豆の海へ! そして!なんと!海外Dive✈︎バリ島、プーケット、パラオなど...🏖 真っ青な海で日本では見れない生物たちに出会えちゃいます〜🐠💙 最高な大学生活をKDPで! お待ちしております☺️ #春から慶應 #ダイビング pic.twitter.com/ZokGQ8nfRo

Twitterskin&scuba Diving Party (慶應ダイビングサークル)@KDP_shinkan

返信 リツイート 14:23

親戚の従兄弟達ほぼ全員海外で仕事してるんだけど…( ´・ω・`)海外のスキューバーダイビングのインストラクターだったり 翻訳家だったり…PCの中身の片付けやってる人だったり(住んでるとこは海外) 外国語…覚え直すか…

Twitterアサシン@ヽ(´▽`)/体調悪っ@asashinn99

返信 リツイート 13:31

返信先:@therainbow_htky わかります!!スノボでニセコいってくるとか、ダイビングしに海外行くとかで課長とか先輩社員が休んでくれるので、こちらも気軽にやすめますw

Twitterはいね@ラルクリ&ハイバ和歌山予定@hyneko

返信 リツイート 12:32

昨日は夜久しぶりの友達と飲んで、吐くほど飲みました。楽しかったけど笑 ヤツとはよく一緒に海外に行くんだけど、ついに取れ取れ言い続けてきたダイビングのライセンスを取ってくれた!! 今後は海外の海で潜るぜ〜

Twitterいっちー | 副業Webエンジニア × ブロガー@ichinose_you

返信 リツイート 9:11

高校時代の友人の現在の写真がラインに上がってきて、アイコンは海外の旅行写真だしホーム画面はスキューバダイビングしてるし…キラキラしてんじゃねぇか…😇はひ…

Twitterするだおじさん@29o_9e

返信 リツイート 昨日 21:34

返信先:@terodoll ダイビングの免許取りに行ったよ~ 毎年海外は何処かしら行くよ~

Twitter闇金げどひゃん(ミオパパ)@miopapa_sasaki

返信 リツイート 昨日 20:08

オーストラリアに着くのは朝。そこから二泊すれば楽しめそーな気はしてる (o・ω・o) それくらいなら荷物も少なくて済むし、初海外旅行でも不自由なく過ごせそう。 ダイビングがメイン!予約せんでいくけど(笑) あとは、海辺でゆっくり本を読んだり、マキシ丈のワンピースとサンダルを買ったりしたい

Twitterえびこ@関東一人旅&初海外旅行予定中@ebicotabi

返信 リツイート 昨日 19:53

返信先:@JONIO0615 ジョニさんダイバーですか?😳 海外にもダイビングしに行ってみたいんですよねー🧐☺︎

妹の行動力時々ありすぎてびっくりするわ 初めての海外旅行でガイド無しで女性二人で行ってダイビングしてレンタカー借りて移動したらタイヤパンクして現地の人に助けてもらったらしい

海外でおすすめのダイビングスポットは?

海外でおすすめのダイビングスポットは?

海外のダイビングスポットと言えば様々な場所を思い浮かべますが、世界中のダイバーが憧れ、彼らに愛される海外のダイビングスポット、シパダンをご存知ですか?シパダンはマレーシアのボルネオ島にあり、美しい珊瑚礁に囲まれた島です。
近隣には、マブールやカパライと呼ばれるシパダン同様に有名なダイビングスポットがあります。
日本からシパダンのアクセスについてですが、まずマレーシアのクアラルンプールかボルネオに飛行機で行き、国内線を乗り継ぎタワウ空港に行きます。
そこからセントポルナ港まで車で移動した後、ボートに乗ってマブール島に到着。
さらにボートでシパダンに行くという正直大変長い道のりです。
アクセスが不便であることが難点ですが、他にはない多様性溢れる海洋生物とその美しい海中景色を堪能することができます。
注意点としては、サバ州政府が自然保護のためシパダンへの入島制限をしていること、2016年2月時点で外務省よりサバ州東海岸に渡航中止勧告が出されていることから、シパダンやその周辺島を訪れる際には、こういった情報に十分留意する必要があります。

ダイビングで出会う人気のクジラ

海中生物での最大のクジラは、古くからダイバーに人気の生物です。
ホエールウォッチングを組むダイビングショップやツアーも数多くあります。
昔からマンタやイルカと並ぶ大物生物です。
間近で観る海中のクジラは、ゆっくり動く壁のようで大きさに驚かされます。
数多く目撃された海域にあるスポットでは、スポットまで往復する間のボート上から見かける事もあります。
潮を吹いたり、大きな尾ひれで海面を叩くように泳いでいる姿を見かける事もあります。
その様子は迫力があり感動的です。
また野生のザトウクジラと一緒に潜るホエールツアーを企画しているショップもあります。
海況・天気・クジラの機嫌などの条件が揃わなければ、海に入れませんが、衝撃的な体験を味わうことができます。
一緒に潜れるとガイドが判断した場合は、できるだけ音を立てずにエントリーしスキンダイビングをする必要があります。
大きく音を立てると逃げてしまうからです。
カメラ撮影ではストロボの使用が禁止されています。