ダイビングの情報が満載!

ダイビングを始めてみよう!
「ダイビング 事故」
に関連するツイート
Twitter

人ってわからない事や、知らない事に対して、不安や恐怖を覚えます。 ダイビングに置き換えると、できるか不安だから体験ダイビングするのは無知すぎて、見てるこっち側も不安になる事も。 できるか不安だからこそ、ライセンス取得してみてはいかがでしょうか。ダイビング事故なく遊ぶコツです。

Twitterdiving shop RIZE@9800円にて体験ライセンスコース実施中!!@diving_rize

返信 リツイート 12:29

オープンになっている事故でも気軽にシェアすると思わぬ反応があるなぁ。事情知らないなりの書き方してても事情知ってる人には思いがあるし。また、すぐに情報が集まってもくる立場ってのも再認識したから、フリーダイビングは専門外で知らないとは言えないな。慎重にいかねば……。

ダイビング事故責任って講習でも教えられるし、その意識を持って潜るけども、じゃあガイドの責任は全くないわけ?って思う

Twitterユウ@ footballista-diver@yuu_alc7

返信 リツイート 10/13(土) 23:58

うえ~い、ひゅーひゅー、うんちも~りもり。 「どういう場合にダイビング事故で責任が生じるかを明確にし、ガイドラインに反映させれば、紛争を未然に防ぐことができ……」とか、一日中、かたい文章を書き続けていたので、自分の中でバランス取るツイート。

今日のマスター「いおりに本で頭を真っ二つにされ死亡」 今日のマスター「セリアの電子レンジの爆発事故に巻き込まれ死亡」 今日のマスター「ちとせと共に道に迷い、熊に襲われ死亡」 今日のマスター「もみじの突撃によるショック死」 今日のマスター「いろはのダイビングにより背骨が折れ死亡」

仕事場に会いにきてくるイッヌが走れるくらいまで回復した😢 麻痺は少しあるけど、最初の頃に比べたら元気になったよぉ! イッヌが事故前と変わらずワシにダイビングしてくるのめんこちゃん (*˘︶˘*)あぁ〜めんこめんこ。 良かったねイッヌ

Twitter祈波(イナミ)ブレイク工業㈱@chapeo0823

返信 リツイート 10/11(木) 12:58

ダイビングのあまり知られていない事実。ライセンスなくてもダイビングできる。そもそも認定証。なくて潜ってもダメという法律はない。ただ、ルールを破って事故があると、インストラクターの保険がおりないだけ。だから、楽しむために認定証をみんなとる。練習も必要なので。

Twitter真木ダイビング大阪@RIZEMaki0806

返信 リツイート 10/11(木) 11:01

ダイビング事故に関する判例分析や法的価値判断を読み解く作業って、ある意味、とてもイージー。なぜなら、山の文献にすべてといってよいほど、そのフレームがあるから。ダイビングの特徴や業界事情や構造問題を合わせないとだけど、それも割と似ているし。

返信先:@OL22268872 出来ます。ただ、数年前のバリ島のダイビング事故の際の、もの凄い雨なら話は別ですがね。体験ダイビングの前には、とにかく自己責任の世界であること、ハマって多額の出費となっても知らないよ!と予め言っています。うちの三人娘にいろんな場所で体験させておりますが、誰一人としてハマってない。

...ラルフ・エリクソンによって創設されたスクーバダイビングの指導団体であり、世界最大のレクリエーショナルダイビングの会員組織。 PADIの運営事務所はオーストラリア、カナダ、スイス、日本、ノルウェー、スウェーデン...ダイバーにサービスを提供する者はそのほとんどがCカードの提示を求めており、これを所持せずにダイビングを行うことは事実上困難と言ってよく、その意味では許可証的な性質を有するものと言えなくもない...

インドネシアで発生したダイビング中の事故

インドネシアで発生したダイビング中の事故

インドネシアはとても海がきれいであり、人気の観光地であるバリ島があります。
日本人の観光客も多く、休み期間にはよくバリ島にダイビングをしに行く人が多くいます。
しかし、ダイビングとは自然である海という得体のしれない恐怖がすぐ隣に存在するスポーツです。
2010年にも日本人観光客の中にも事故で亡くなった人がいます。
海では行方不明になりやすく、そうなった後も探すことが困難です。
なぜ困難かというと海上では人数をかけて捜索することができない、空からの捜索でも波などが邪魔して見つけることが難しいということ、探す側の危険が伴うことなど様々なものがあります。
また、事故に置きやすいという人は何度か観光地に足を運んでいる人が多いというデータがあります。
何度もインドネシアのような観光地に行っているからと言って油断するのではなく、何度も言っているのだからこそ海の脅威に注意し、さまざまなことを考えながら海と接していかなければいけません。

ダイビングの免許収得にかかる金額

ダイビングの免許を取るには、ある程度の金額がかかります。
その金額は、都市型のダイビングスクールで取るか、リゾート地のショップなどで取るかによっても変わります。
都市型のスクールで取ると6~8万円ほどかかりますが、リゾート地で取ると3万円ほどで済みます。
しかし、リゾート地のショップの場合は旅費が発生することが多いので、それも考慮する必要があります。
また、リゾート地のショップで取った人は、ペーパーライセンスにしてしまうことが多いので、免許を活用したいのであれば、都市型のスクールで取ったほうがよいかもしれません。
そして、上記の額には、「学科講習費」「プール講習費」「器材レンタル代」「保険料」「カード発行費」「試験費用」といった物が含まれています。
スクールにしろショップにしろ、提示された費用にこれらが含まれているかということはしっかり確認してください。
あまりに費用が安い所は、これ以外の項目について請求してくることがあります。