ダイビングの情報が満載!

ダイビングを始めてみよう!
「安全 ダイビング」
に関連するツイート
Twitter

ダイビング機材と中世浮力について

ダイビング機材と中世浮力について

ダイビングを楽しむ時には色々な機材を装着しなければなりません。
まず、水中で呼吸を行うために必要な道具は酸素ボンベとレギュレーターと呼ばれているダイビング機材が必要です。
酸素ボンベの中には酸素が圧縮された状態で収められているので、この酸素を使うためには元の状態に戻す必要があり、それを可能にしているのがレギュレーターです。
また、酸素ボンベの残量をチェックするためのゲージも必須の機材であり、ダイビング中は2人1組で行う事になるのが特徴ですが、相手の酸素ボンベの量のチェックなどを行うためにもゲージが必要となります。
また、水中では中世浮力と呼ばれる状態を作り出すことで水中での行動を楽に行う事が出来ますが、中世浮力と言うのは軽く息を吸い込んだ時は身体は少しだけ浮き上がり、息を吐きだした時は身体が少しだけ沈むという、いわゆる無重力のような状態になるもので、中世浮力は酸素ボンベを固定する時にも利用するBCジャケット内に酸素を注入することで可能になるものです。
但し、BCジャケットの中に酸素を注入すれば良いと言う事ではなく、適量を入れる事で中世浮力の状態を作り出せることからも、ダイビングの経験を持つことで中世浮力の状態を容易に作り出すことが出来るようになります。

ダイビングで安全を保つためには

ダイビングは機材が不足していると命の危険を伴うスポーツです。
安全に潜水を楽しんで貰うために心身ともに健康であることが大切です。
基本ですがレジャーダイビングの際は深酒や寝不足でも潜水してしまいがちです。
体調は潜水中の呼気や体温コントロールまで影響を及ぼしこの項目を無視することは不可です。
アルコール摂取後、寝不足の時に潜水をすることは危険なので決してやってはいけないです。
自分の潜るポイントを決めておきます。
初めて潜水する場所のポイントは事前に情報を得ておく必要があります。
潜水前はブリーフィングがあるので必ず確認をします。
ポイントについての情報以外にも天候や波の高さの把握の事前にしておきます。
ダイビングの最中は最初から最後までバディシステムを厳守します。
水中では危険が隣り合わせなので緊急の連絡方法や遭難した時にバディで再集合場所や集合方法を決めます。
これは潜水前に打ち合わせをしておきます。
ダイビングの機材は水中での安全に呼吸の確保をする大切な役割があり水中では生命線でもあります。
使い慣れた機材を使用してオーバーホールを定期的にします。
潜水前は今自分がどの程度のスキルを持っているのか知る必要があります。
技量が未熟のまま上級者向けのポイントへ行くことは危険です。
自分の技量がどの程度か不安な場合はガイドやインストラクターに聞くことも大切です。
水中では安全を保つために講習で習った通りにして深くゆっくりとした呼吸を心掛けます。

オススメのダイビング関連リンク

お子様向けのレンタル器材も完備しているダイビングツアー

慶良間 半日ダイビング